top




 ● 自己流でトライ

S病院の先生の 著書を見ながら、自分で出来る事をやってみる事にしました。

基本方針はとにかく「和食」です。

油とゆーか植物油はいっさい抜き、使っていいのはシソ油とオリーブオイルを少しだけです。

煮物や焼き物、 蒸し物がメインです。
魚は白身魚、お肉は鶏肉。

具をたくさんにしたみそ汁と、雑穀入りのご飯、根菜の煮物に焼き魚。
煮込みうどん、煮魚と納豆ごはん等々。
炒め煮は、いっさいしませんでした。


だいたい、毎回似たようなメニューになってしまってましたが、メニューを変えてしばらくしたら、耳が切れなくなってきました。

そして、赤くガサガサになった足首などもスーッと引いてきました。

「やったー、引いてきた。この調子で行こう」
と思ってた矢先、また突然耳が切れました。

何食べたっけ?・・・・・。
って考えると、上の子が食べていたオムライスを少しだけ口に入れてもらってた。
あれだ!!

実は、耳が切れた前日、外食をして娘が食べていたお子様ランチのオムライスを食べていたんです。
ほんの二口くらいだったでしょうか。
私も油断していました。
治ったから、ちょっとくらいいいかーって思ったんです。

失敗したー、と思ったと同時に「これじゃダメだ」と思いました。

自己流では、結局アレルギーの原因がはっきりわからないんです。
食べさせてはいけないものがわからない。

遠いけど、やっぱりS病院に行って検査してもらおう!!
すぐに予約の電話をして、行く事にしました。

車で、高速道路を飛ばしても1時間以上かかる。

子供たちの着替えやお菓子やおもちゃなど、いろいろ準備して、S病院に行きました。


今思えば、もっと早く行けばよかったなーって・・・ちょっと反省です。









掲載内容の無断転載を禁じます。閲覧、情報の利用は自己責任でお願いします。利用 により生じた損害の 責任は負いかねますのでご了承ください。

copyright (c)  kechi temaesetuyaku all rights reserved.



SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO